FC2ブログ
RO(ラグナロクオンライン)のMimirサーバー(旧Sesサーバー)にて使用しているキャラを使い、バカっぽくアホっぽくお送りする変な物語の数々です。
苦情は受け付けませんが、ツッコミは大歓迎でゴンス(ォィ)。
先日『む』の方より『お題指定バトン』なるものを回されたのですが、正直な事を言いますとどんなものなのか良く解っていないのでありました(ぇ

一応、『む』の方のブログの記事には

〔お題指定バトン〕

※回してくれた人からもらった[指定]を[]の中に入れて答える事
※また回す人に[指定]する事

とは書いてあったのですが、決まったテンプレートとか存在するのか、それともほとんど自由に書いてかまわないのかがイマイチ解らなかったので、やる前に一応調べたりしてみました(何
Wikipedia バトンより抜粋

インターネットにおけるバトン
インターネットのブログなどにおいて、幾つかの質問に答え、それをブログを見ているであろう人に回すというもの。回された人が実行するかどうかは選択の自由であるが、やる場合は、回した人と同じ質問に答え、誰かに回すというのが基本。

元は2004年頃に海外のブログで始まったMusical Baton(ミュージカル・バトン)が起源。オリジナルの質問は5つの質問にブログ上で回答し回す相手を5人指名するというものであったが、様々なものが派生して質問数が5つではなかったりブログ上という制限がなかったり回す人数が5人でなかったりするものも出てきている。

mixiなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では自分の日記を訪問したユーザーの記録が残る「足あと」と呼ばれる機能を悪用し、バトンに回答した記事を見た人に強制的にバトンを回そうとする「強制バトン」「地雷バトン」と呼ばれるものが流行しており、これを嫌う人も少なくない。このような「強制バトン」の一部はブログでも行われている。

スパムメールやチェーンメールと同等の扱いをされる場合もあるが、元のミュージカルバトンなどは比較的悪質性が低いものである。
(抜粋終わり)


つまり、これだけ見るとお題に対して同じ質問内容で答えないといけないような感もあるのですが、絶対そうじゃないとダメってワケでもなさそうです。
んで、次に検索で色々と見てみたのです。


Google お題指定バトン
Google お題指定バトン テンプレート

で、お題指定バトンで多かったテンプレートが以下の質問でした。

・最近思う『○○』
・この『○○』に感動!
・直感的な『○○』
・好きな『○○』
・嫌いな『○○』(こんな『○○』は嫌いだ!)
・この世に『○○』がなかったら


これらをベースに、独自で質問を付け足したり削ったりしているみたいです。
実際、回ってきたお題が『RO』なので、直感的~とか言われてもどう答えていいのかわかりませんしね。

まぁ、とりあえずバトンってのがどんなものなのか無駄に学習したので、これを踏まえて次回にでも書きたいと思います。




まぁ、一番の問題は次、ダレに振るかなんですがね(ぁ





ポチっとな(ぇ

この記事には、いつものユーモアさが欠落しております。
このボタンを押して、中の人のユーモアを回復させてあげてください(ぇ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
うはw
質問コピペで全部直感的に答えてしまったw
事前に調べるとか全く考えていませんでしたwwwサーセンwwwww
2007/09/05(水) 21:33 | URL | む #XyJQwn/M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する