FC2ブログ
RO(ラグナロクオンライン)のMimirサーバー(旧Sesサーバー)にて使用しているキャラを使い、バカっぽくアホっぽくお送りする変な物語の数々です。
苦情は受け付けませんが、ツッコミは大歓迎でゴンス(ォィ)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、2月に入ってすぐくらいの出来事だったそうな。

----------

一部の方たちは音声でのお届けとなります(ォィ

----------

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
くそぅ……なかなか売れてくれないなぁ;
まぁ良いや、家に帰って飲も;
(ノ∀`)

タチアナ四女(アサ・フェイヨン外)
ありゃ、おかえりびぃねえ。
……て、なんかちょっと不機嫌そうだな;
(;´∀`)

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
まぁね……売りたいものが売れないってのは、なかなか辛いものがあるよ;
とりあえず、今日はもうつかれたから、ちょっと飲んで寝ようかなって思ってたんだよね;
(ノ∀`)

タチアナ四女(アサ・フェイヨン外)
……今、家に近づかない方が良いぜ;
えっと……そうだ、オレと一緒にどこかに飲みに行こうぜ♪
(;´∀`)

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
へ?
なんで?
(;´Д`)

----------

続きはかなりえろいと思われる。
18歳未満のおともだちは見るんじゃないぞ?(マテや
タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
まさか、ケミねーちゃんが何か危ないことでも……って、今更何があっても慣れているし……ま、一応準備しておこっと;
(;´Д`)

タチアナ四女(アサ・フェイヨン外)
いや、用意とかしなくてもいいから!
それよりさ……オレと一緒にどこかに飲みに行こうぜ?
な?な?
(;´Д`)

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
……あのさ……すっごい怪しいんだけど;
……てか……あさちんから、かすかにキオン君のにおいが……まさか……
(;´Д`)

タチアナ四女(アサ・フェイヨン外)
あっ!
ちょっ!!
そっち行ったら……って、くそっ……足腰に力がっ!
(ノ∀`)

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
おかしい……あさちんがこんなに簡単に振り切れるなんて……しかも、足腰に力がって……まさかね;
(;´Д`)

----------

「んっ……キオン、キオンもっとぉ♪
キオンのでもっとアタイをいじめてぇ♪」

「ぅぁ……ダメだよクーニャ……もう、げんか……い……ぅぁ」
「何言ってんのさキオン君……あさちゃんとくるちゃんを、手前の欲望で無理やり傷モノにして、こんな風にしちゃったのは、ほかならぬキオン君でしょ
だから、男として責任はとらなきゃいけないよねぇ?」
「そうだよぉ、キオン……せきにんとってぇ♪
キオンのでもっと気持ちよくしてぇ♪」

「くるちゃんったら、ボクのキオン君がそんなに気にいったんだ……まぁ、本当ならこんな事許しはしないけど、今回だけは許してあげるよ。
あさちゃんとくるちゃんで、キオン君をたっぷりこらしめてあげてね♪」
「アルナ……ごめんなさい……もうしません……から……ゆるし……っ!!」
「んっ♪キオンのが……にんしんしちゃう……かも♪」
「ごめんなさいも、ゆるしても、ボクに言う事じゃなくて、あさちゃんとくるちゃんに言う事でしょ?
まぁ……許してあげないけどさ♪」

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
…………
えっと……ケミねーちゃんに、くーちんに、キオン君……野外でえっちとか何考えてんのさ;
てか……くーちんがキオン君とえっち
……ちょっと待って……たしか、くーちんて;
(;´Д`)

タチアナ四女(アサ・フェイヨン外)
あちゃー……見られちまったか;
まぁ……その……言わなくても解るとおもうけど、オレもさっきまでキオンとしていたんだよな;
で、ちょっと疲れたから、倉庫にポーションを取りに行こうと思ったら、びぃねぇが帰って来たわけで;
(;´Д`)

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
……ちょっと待って;
えっと……あさちんとくーちんて……確かまだ乙女だったよね?
なのに、キオン君と……えぇっ!?
(;゚Д゚)

「まぁ、詳細はちゃんと話してあげるけど……この腐れ淫魔は、義理の妹達を毒牙にかけやがったんだよっ!
手前の欲望で、無理やり二人の純潔を奪いやがったの♪
で、このクソの欲望のままに乱暴された二人に、こうやって復讐させてあげているの♪
ボクって良い姉でしょ?」

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
…………
えっと……この腐れ淫魔、今度は何をやらかしたのさ;
(;´Д`)

「知りたい?
まぁ、話してあげるけどね♪」

--------------------

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
そいやさ、キオン君てお酒は飲まないの?
もう大人なんだし、飲んでも問題はないよねぇ。
(´-`)

キオン君(バード・フェイヨン八姉妹宅)
まぁ、飲めない事はないよ。
多分、アルナよりは強いと思う……けど、その……酒癖が悪いから、あまり進んで飲もうとは思わないんだよね;
(;´∀`)

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
酒癖が悪いとは?
はむねーちゃんみたいに、ひとの口に吐いたりとか、ボクみたいにすんげぇエロくなるとか、きしちゃんみたいに凄まじく前後不覚になって、いろんな物の区別がつかなくなるとか、そんくらい酷くなるの?
(´ω`)

キオン君(バード・フェイヨン八姉妹宅)
それはそれでかなり酷いけど、ぼくのはそれとまた違うんだよね;
ぼくの場合、アルナと同じようにすっごくエロくなって、かつ性格がガラっとかわっちゃうのさ;
しかも、タチ悪い事に……ちゃんとその間の事を覚えているんだよね;
(;´Д`)

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
……と言うのを自覚してるって事は……もしかして誰か相手に?
(#´∀`)

キオン君(バード・フェイヨン八姉妹宅)
えっと……アルベルタのルイーゼさん相手に……食事に付き合った時に出されたお酒で、不覚にも酔っちゃって……そのあとは獣のようにルイーゼさんを……まぁ、なんとか許してもらえたけどさ;
(;´Д`)

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
……ほぉ……この浮気者の腐れ淫魔(ぼそっ)
(#´∀`)

キオン君(バード・フェイヨン八姉妹宅)
……その罵倒も、もう慣れたよ;
(つД`)

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
まぁ、今なら淫乱になって性格変わっても、ボクがその被害に遭うだけだしね。
夫婦だし問題なっしんぐだし……よし、飲もうか♪
(*´∀`)

----------

「……んくぅ♪……も……もぉダ……メ……んぁ♪
おねがい……もうダメ……ゆるし……て……んっ♪」
「おいおい、最近のアルナへばるの早すぎるよ……おれのまだこんなにビンビンなんだけどなぁ。
ま、許しても何も、おれは聞く耳もたないけどねぇ♪
ほら、休んでいる暇はないよアルナ……おれが満足するまで、頑張ってもらうからね♪」
「い、いやぁ……ボク、死ぬ……死んじゃう……いひっ♪」
「おれに抱かれて死ねるなら本望でしょ♪
じゃあ、望みどおり……そらそらそらぁ♪」

----------

「ふぅ……ちょっとやりすぎたかな。でも、おれの○液で全身ドロドロなアルナ、とっても綺麗だよ♪」
「うふ……ふふふぅ……キオン君しゅきぃ♪
キオン君のでころしてぇ♪
アハハハハ……んふ♪」
「……まぁ、さすがにヤバいか;
しばらく休ませてあげよっと。
とりあえず……風呂でも入ってくるか。」
「アハハハハ……ぅ……あへぁ……ん♪」

----------

ターニャ四女(クルセ・フェイヨン室内)
ただいま……て、誰もいないよね。
……て、なんかケミおねえちゃんが裸で倒れてる!!
しかも……この全身、なんか液体まみれだし……まさか……その;

(*ノノ)

「くぅ……すー……ん~……キオンくぅん……もっとぉ♪」

ターニャ四女(クルセ・フェイヨン室内)
ケミおねえちゃん……こんなに汚れているのに、ほったらかしにされて;
キオンは何をやっているのさ;

(;´Д`)

「ん……キオン君……ほら……いっぱい溢れて……ん♪……すか~」

ターニャ四女(クルセ・フェイヨン室内)
ケミおねえちゃん、きっとキオンとえっちな事している夢を……それにしても、ケミおねえちゃんのこの姿……すごくエロい……ちょっとだけなら良いよね♪

----------

「あぅん♪キオン君、もっとぺろぺろしてぇ♪ボク、気持ちいいのぉ♪」
「む……ケミおねえちゃんと……キオンの味……キオンのは余計だけど、おねえちゃんの味……すごく美味しい♪
あぁ…アタイも変な気分に♪」

「……で、変態クーニャは、アルナの大事なトコ舐めながら、オ○ニーするんだね♪」
「っ!!キ、キオンッ!!!い、嫌っ!見ないでっ!!」
「見ないでって言われても、見ちゃったしねぇ……てか、クーニャって女なら姉でも見境ないんだね♪
アルナのこんな姿に欲情して、嬉しそうにむしゃぶりついて……まるで淫乱メス豚じゃん♪」
「ち、違っ!!アタイはそんなんじゃっ!!」
「ココをこんなにグショグショにしておいて、何を言っているのさ♪
そうだ……おれがイイコトしてあげようか?」
「え……い、嫌っ!!男なんて死んでも嫌っ!!」
「なら、どうしてもっと必死に抵抗しないのさ?
本当は……したいんでしょ?」
「嫌……お願い、やめて……アタイ男は……い゛あ゛っ!!」
「これでクーニャも大人の仲間入りだね♪
ほら……おれのがクーニャの中にあるの、解るかい?」
「嫌ぁ……痛い……痛いよぉ;」
「大丈夫大丈夫♪……すぐに、おれの虜にしてあげるよ♪」

----------

「あぅん♪キオンしゅきぃ♪もっといじめてほしいのぉ♪」
「あはは……たった2時間で、もうコレとは……とんだ淫乱メス豚だよね♪
じゃあ、お望みどおりもっといじめてあげるよ♪」

タチアナ四女(アサ・フェイヨン室内)
ふぅ……だいぶ遅くなっちまったぜ。
ただいま~……って、お前ら何やってんだっ!!??
(;゚Д゚)

「えっとぉ……キオンにいじめてもらってるのぉ♪
すごくキモチイイのぉ♪」

「まぁ、見ての通りだよ……クーニャと遊んであげているのさ♪
……んぐっ!!……ぁ……はぁはぁ……良いよ……クーニャ♪」

タチアナ四女(アサ・フェイヨン室内)
んな……うぁ……くーが……くーが汚されていく……キオン、てめぇっ!!
(#゚Д゚)

「アサ……怒らないで……確かに、無理やり酷い事されたけど……すっごい痛かったけど……今はとても気持ち良いから……ん♪
だから……アサも一緒に……ね♪」


タチアナ四女(アサ・フェイヨン室内)
え?
いや、オレはそんな……てか、興味ないわけじゃねーけど、最初くらいは好きな奴に……って、くーっ!!
お前、何オレを押さえつけてんだっ!!!
てか……ちょ!
そんなとこ触る……な……んぁ♪
やめ……んくっ♪
(*ノノ)

「アサの汗のにおい……とても良いにおい♪
それに、アタイと同じで、もう準備できているんだね♪
……じゃあ、キオン……ひと思いに」

「や、やめろぉっ!!
キオン、やめようぜ?な?
今なら、半殺し程度で許してやっからよ?
だから、こんなバカなこと……うがぁっ!!?
い……あ……ぐぅ……っ!」
「おれを殺そうって気にならなくなるくらい、たくさん気持ちよくしてあげるよ♪
だから、ちょっとだけ我慢しててね♪」
「ぐぁ……てめぇ……後で絶対……殺す……ぎぃっ!!」

----------

「キオン……ほら、オレのここからキオンのが沢山溢れてるぜ♪
まったく、お前はどんだけヤりゃ気が済むんだよ♪」
「フ……おれはまだまだイけるよ?
アーニャもクーニャも、まだまだデキるでしょ?」
「うん、もっとしたいのぉ♪」

----------

そんなこんなで、朝までたっぷりと楽しんだ3人でした(ぁ

----------

「ん……ふあぁ……て、酔って人格変ってしちゃった事とは言え、大変なことしちゃったなぁ……アルナにばれたら、間違いなく殺されるよ;」

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
大丈夫、殺したりはしないよ♪
(#´∀`)

「う、うわぁっ!!??
ア、アアアアア、アルナッ!!
こ、これはその……えっと……ご、ごめんなさいっ!!」

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
キオン君の謝罪は聞き飽きたよ……それに、謝るべき相手はボクじゃないでしょ?
(#´∀`)

「え……それはどう言う?」
「決まってんだろ……オレ達に謝れって事だよ。オレ達の純潔を奪って、耐えがたい苦痛を与える凌辱行為を行い、あまつさえ孕ませようとした……許されざる行為だぜ?」
「そうだね……責任とって、アタイらの面倒を見てもらわないと
だよね♪」

「あぁ……まぁ、ケミせんせいという妻がある身だし、結婚しろとまでは言わねぇよ。
その……愛人で我慢してやるぜ♪」
「え゛!
いや、愛人でもそれはそれでマズイでしょ;」

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
ボクはかまわないよ?
むしろ、あさちゃんとくるちゃんとなら、キオン君貸しても良いとさえ思ってるし♪
(*´∀`)

「え……それはちょっと;」

ターニャ次女(フェイヨン室内・目隠し無し)
まぁ、今日はアレだね……天気も良いし、外でしよっか♪
二人に、外でする開放感ってヤツを教えてあげるよ♪
(*´∀`)

--------------------

「おねが……い……もぅ限界……死……ぬ……たす……け……て」
「何言ってやがる♪
オレ達まだまだ満足してねぇぞ♪
ほら、まだまだデキるだろ♪」
「限界とか言ってるのに、アタイの中でおっきく……ん♪」
「ホント、とんだ腐れ淫魔だよねぇ♪」
「ビエ……ナさん……たすけ…………て」

タチアナ三女(フェイヨン外・BS)
ねぇ、ボクもずいぶん前に、この腐れ淫魔にバージン奪われて色々乱暴されたんだけど、ボクも復讐に加わって良い?
(*´∀`)

「ん……良いよ良いよOK♪」
「い……嫌だ……こ、ころされ……る……うぁ」

--------------------

こうして、壮絶なる野外での狂乱の宴の末、キオンは一時的に意識不明の重体にまで陥ったそうな(マテコラ

--------------------

キオン氏ね計画 2/3 終わり(ぁ

ポチっとな(ぇ

ランキングボタン下オマケ劇場

ぷちあるらうね(フェイヨン外)
あ~う~ぶぅぶ♪
(*´∀`)

キオン君(バード・フェイヨン外)
ぷちちゃんは可愛いなぁ……でも、なんで近づかせてもらえないのさ;
(ノ∀`)

ターニャ次女(フェイヨン外のあるらうね)
キオン君に近づかせたら、いろんな意味で汚されるからですぅ♪
だから、キオン君はぷちちゃんに指一本たりとも触れちゃだめですぅ♪
(#´∀`)

キオン君(バード・フェイヨン外)
いくらなんでも、こんな子供にては出さないよ;
てか、義理とは言え娘に手を出したりはしないよ;
(つД`)

ターニャ次女(フェイヨン外のあるらうね)
そんなたわごとは信じられないですぅ。
きっと、わたしくらいになったらぁ……

----------

「いやっ!!パパやめてぇっ!!」
「ぷちちゃん……あるらうねお姉ちゃんと同じように、たくさん愛してあげるね♪」
「いやぁっ!!パパッ!!痛い!痛いよぅ!」
「すぐ気持ちよくなるから、我慢して……ね?」

----------

ターニャ次女(フェイヨン外のあるらうね)
……てな感じで、えっちな事沢山されるですぅ。
それだけは、絶対に阻止するですぅ。
(#゚∀゚)

キオン君(バード・フェイヨン外)
…………
(つД`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ははは・・・、まぁなんだ、その・・・、

おぢさんからキオン君に一つ忠告だ。
腎○には気をつけてな、○虚には。
2009/03/17(火) 22:15 | URL | 刀な人 #WkLjcLEg[ 編集]
いつものことなので別にキオン死ねとは思いませんでした(ぇ
むしろ、クーニャさんの変態ぶりがクルセ失格です。
あとこんなに見境ないなら、キオン君可愛ければ男でもいけんじゃね?
案外モースさんが転職したのも貞操の危機を感じてのことでは・・・。
キオン「アコライトは男もかわいいよね」
モース「?!?」
2009/03/18(水) 19:49 | URL | メアリー #-[ 編集]
キオンxモースまだー?(器をチンチン叩くAA)
BLバッチコーイ

あ個人的に今度強精材プレゼントしますね

(あとインキュへの転職(生)届けも…クスクス)
2009/03/22(日) 04:06 | URL | Stella #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。