RO(ラグナロクオンライン)のMimirサーバー(旧Sesサーバー)にて使用しているキャラを使い、バカっぽくアホっぽくお送りする変な物語の数々です。
苦情は受け付けませんが、ツッコミは大歓迎でゴンス(ォィ)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事には、過去のプロフィール画像へのリンクが貼り付けられています。
まぁ、左下の『オマケ』の項目があまりにも多くなりすぎたから作成したんですけどね(ぁ


2011年09月25日更新

------------------------------

プリナ「…………」
モース「ごめんプリナ……色々と自制がきかなくて……でも、プリナが可愛すぎて、止められないんだよ;」
プリナ「……ばか……こんなにされたら……ハイプリーストになるまえに、ママになっちゃうわよ」
モース「プリナ……あぁ、ダメだ……プリナが可愛すぎてもうっ!」
プリナ「……モース兄さん……もう……私壊れちゃうわよ;」
その後数日、プリナさんは足腰が立たなくなったそうな(マテコラ


モース「ところでプリナ……ちょっと良いかい?」
プリナ「ん……何かしら?」
モース「最近になって思うんだけど、僕達って聖職者としては割と失格気味だよね……まぁ、主に性的な面でさ」
プリナ「ん~……まぁ、愛し合っている上での行為だし、良いんじゃないかしら?」
モース「それもそうだね……さて……夜はまだまだ長いし、もう少し愛し合おうか」
プリナ「もう少しじゃ嫌……沢山愛し合いましょ♪」
カップルなんて死ねば良いのに(ォィ


ウィノナ「ところで、この店内にはカップルが多いようじゃが、そう言う店なのかぇ?」
バーテン「ちょwwお嬢ちゃん何も知らないでここに来たのかww」
ウィノナ「うむ、プロンテラで変な男に『良いトコつれてってやる』と言われて来たのじゃ」
バーテン「……ちなみに、お嬢ちゃん……いくつなんだい?」
ウィノナ「18歳なのじゃ」
バーテン「……帰れ!」
そんな心温まる会話が(ry


どんな相手であれ、全力を尽くして戦う事が最大の礼儀だって、カピトーリナの偉い坊さん達が言ってましたよ(ぁ

プリナ「前の色だと、白いのが目立っちゃってたから、アレをしていたのがバレバレって事が多かったもんねぇ;」
モース「……ノーコメント;」
※アレが何なのかは気にしちゃいけない(ぁ


大聖堂参傑衆:聖なる光のクリプト……彼女の放つ浄化の光に触れると、色々と浄化されるらしい(ぁ

モンク四天王:神通力菜の玄武……その料理を食したものは、悪しき何かが浄化され、聖人になれると言う(ぇ

モンク四天王:練気爆裂勁の富年……その破壊力は、数多のMVPボスも一撃で粉砕できる程らしい(マテ

モンク四天王:阿修羅千烈掌の無涯……その鍛えられた肉体と拳は、MVPどもが束になってかかっても、軽くあしらえる程らしい(ォィ

モンク四天王:輝禿の斗門……彼の戦闘力は、魔王モロクですらションベンちびって逃げ出すほどらしい(マテコラ

キオン「くんくん……う~ん……アルナの匂い、とても心地良いよ」
アルナ「んっ……コラッ!どこを嗅いでいるのっ!!あふっ!」
キオン「アルナ……変な声出したら、皆にばれちゃうよ?」
アルナ「んっ……ふぅ……キオン君……あとで、ホント……ぶん殴るよ?」
キオン「覚悟の上だよ」
※この後たっぷり殴られましたとさ(ぁ


アルナ「ねぇキオン君」
キオン「なんだいアルナ」
アルナ「これで、キオン君はボクのものになったんだよね……やっと……ボクのものに(ぁ」
キオン「そうだね……ひとつ言わせてもらうと、アルナもぼくのものになったんだけどね」
アルナ「……キオン君、何かちょっと生意気になったね」
キオン「こうなったのは、アルナと義姉さん達のせいだよ;」
アルナ「……ふーん……まぁ良いや、ちょっと性格変わっても、キオン君はキオン君だし」
キオン「まぁ、アルナへの想いは変わってないけどね♪」
アルナ「うわ……くさっ」
キオン「……アルナ……ちょっと酷いよ;」
お熱いことで(ぁ


キオン「ところで、コレって売れているの?」
ス○イル「コレの素晴らしさを解る人には売れていますよ」
キオン「たとえばダレに?」
ス○イル「そうですね……ついさっき、ビエナさんが購入していきましたね」
キオン「…………」
きっとフィクションだ(ぁ


キオン「しかしまぁ、ここら辺て空気悪いよね……景色もなんか殺風景な感じだしねぇ;」

スマイル「しかし、なぜそんな噂が;」
プリナ「まぁ、産地がドコであれ青石は青石よねぇ」
スマイル「それはそうですけど、風評被害もいいトコですよ;」
※フィクションかもしれない(ぇ


スマイル「でも、一体ダレがそんな噂を;」
プリナ(言えない……言えないわ……ちょっと前に、スマイルさんのカートに、転んだ拍子に猛毒薬ぶちまけちゃって、青石汚染させちゃって……皆の安全のために、わたしが噂を流したなんて……口が裂けても言えないわ;)
※フィクションかもしれない(ぇ


プリナ「ところでコレ、誰か食べた人はいるの?」
スマイル「実は、僕たち兄弟で味見を……正直、もう食べたくはありません」
プリナ「……へぇ……」
スマイル「何て言うか……猫の祟りがありそうで怖いです」
プリナ「……先に言っておくけど、私は助けてあげないわよ?」
※フィクションかもしれない(ぇ


プリナ「ところでコレ、入手先が調べられた場合、一体どうなっちゃうのかしら?」
スマイル「多分、兄さんと僕は始末されるでしょうね……弟達ももしかしたら危ないかもしれませんし、従姉妹にも危険が及ぶかもしれません」
プリナ「じゃあ、もしそうなったら従姉妹は私たちが責任を持って保護させてもらうわ……だから心配しないで」
スマイル「いや……できればそんな事態は起こらないで欲しいんですが:」
※フィクションかもしれない(ぇ


モース「まぁ、あまりプリナにつけすると、怒られるんだけどね」
スマイル「たとえばどんな風に?」
モース「まぁ……とりあえずスタナーで一発とか」
スマイル「…………」
※フィクションかもしれない(ぇ


プリナ「ほんと、もふもふしてて気持ちいいわね」
鳥(毛並みが乱れるから、あまり触らないでほしいなぁ)
プリナ「これで羽毛布団作ったら、さぞ気持ちいいでしょうねぇ」
鳥(ヒィィィィ)
※フィクションです


プリナ「約束の時間まで、まだ1時間もあるわね……さすがに早く来すぎたわ」

アルナ「よし、設置完了」
あるらうね「で、わたしは何をすれば良いですかぁ?」
アルナ「そうだねぇ……とりあえずじっとしてなさい」
あるらうね「うにぃ」


貧乳病とは……
どんな手を尽くしてもおっぱいが大きくならない、女性にとってはある意味深刻な病である(ォィ
対義語に「豊乳病」が存在する。
……ウソです(ぁ


あるらうね「お兄さんお兄さん、もっとペットフード欲しいですぅ♪」
アルナ「いや、キミの声聞こえてないから」
あるらうね「抱きつき攻撃ですぅ♪」
アルナ「おねだりするにも方法があると思うんだよ……うん」
あるらうね「ドン○リ一本はいるですぅ♪」
アルナ「うん、なんかもう違う方向に行ってるね;」
※フィクションである


アコアコ人生相談
毎週火曜日(場合によってはずれる可能性有)
16時~18時
プロンテラ南十字路カプラ付近
相談料は1回につき青石1個です
※ウソです、相談は受け付けていません(ぁ


アーニャ「ち、畜生……この臭さ、半端ねぇぜ;」
ハイオークA「ふ……かく言うワシらも、己の臭さにまいっておるがの!!!1」
ハイオークB「おうよ!!いい加減風呂に入りたいぜっ!!1」
アーニャ「なら入ってこいよ;」
正論である(ぁ


クーニャ「ツンツンツンツン」
ペコ「ぬっはぁっ!!い、痛ぇズラ!!ひ、卑怯ダス!!」
クーニャ「ホラホラ、あそこにすっごい綺麗なピッキがいるよ?」
ペコ「な、何ぃっ!!!!ど、ドコだすか?」
クーニャ「うそぴょーん」
まさに外道!!!1(ぁ


アーニャ「いきなりダークイリュージョンか……激しいなぁ;」
アサ娘「なます斬り~♪なます斬り~♪ざっくざく~♪」
DI様「ちょwwwそこは私のくぁwせdrftgyふじこlp;@:!!1」
アーニャ「…………」

それはそうと、発光おめでとうでした。


キオン「ところで、夜更かしっていったい何をやってたの?」
アコ娘「ちょっとWi○をね。ただ、ついついやりすぎて、腕とかパンパンなのよねぇ;」
キオン「うわっ!ほんとにパンパンだね;」
アコ娘「実は今地味に筋肉痛なのよ;」
キオン「あらら;」
アコ娘「で……キオン君は、何で夜更かしを?」
キオン「え……いや……その……お姉さんの相手などを……その……ね?」
アコ娘「……不潔(ぼそっ)」
キオン「しくしく……不潔って言われた」
※この場合アコ娘さんが正しい(ぁ


♀ハイプリ「そうよ、その調子で毒を吸い取るの……毒が抜ければ、彼も正気を取り戻すはずだわ!」
変態(ry)「おぉぅ……俺の体が浄化されて逝くぜ!!!1」
アーニャ(オレ……何やってんだろう;)
※ものすごく下品です(ぁ


たいへんだ、アトロスが『狼牙風○剣』の封印を解いてしまった!
こんなものでいたされたら、危険日じゃなくても妊娠してしまうかもしれない!!
おんな連中は、速やかに退避せよ(何
※とても下品でs(ォィ


怨霊武士「我が魂の一撃を受けよ!!!我は怨霊武士……天津を守る者なり!!!!1うぇw」
下の人「さすが我が戦友(とも)……キモいくらいでかいぜ!!1」
怨霊武士「我が、真・正宗の一撃で逝かせてくれるはっ!!!!1」
下の人「ならば、私も抜こう……真・村正を!!!1」
怨霊武士「うおぉぉぉォォォォォヲッッ!!!!!!1」
下の人「チェストォ~ッ!!!1」
※天津の平和はこうして守られています(マテコラ


プリナ「はい頼まれていた聖水500個ね……でも、こんなに沢山の聖水を、何に使うのかしら?」
ジンハ「チョコタルト用にと、ある方に頼まれていたんですよ……まぁ、こんなに必要あるのかって気もしますけどね」
今回はちょっとマトモに(ぇ


ケミ「これがアサクロさんに結構良い値で売れるんですよ」
プリナ「それ以前に、そんな製造書をどこで手に入れたのよ;」
ケミ「……それは言えない……消されるかもしれない;」
プリナ(黒い世界ね;)

※フィクションかもしれない(ォィ


ジンハ「おや、アサシンの方ですか……と言う事は、コレですね?」
アーニャ「まぁ、そうなんだけど……なんでアンタが毒薬なんて売ってるんだよ;」
ジンハ「昔は色々ヤンチャな商売もやっていましたから……フフフ」
アーニャ「えっと……あまり深入りしないほうがよさげ?」
ジンハ「どこぞの変態男に売り飛ばされても良いのなら、どうぞ私達を徹底的に調べて下さい……止めはしませんよ……フフフ」
アーニャ「怖っ!」

※とってもフィクションだよ(ぁ


頭巾「ん?何?僕の顔に何かついてる?」
プリナ(い……言えないわ……[ピー]が出ていますなんて;)
頭巾「ん……もしかして、プリナさんも頭巾欲しいのかい?」
プリナ(あぁ……目のやり場に困るわ;)
久々にお下品路線(マテや


♂アサ(何故だ……この婦人たちは、何故私の周りに?)
プリナ「ふむ……明るいと言っても、照明器具代わりにはならないわねぇ;」
♀プリ「それはそうでしょう;」
♀スパノビ1「役立たず~」
♀スパノビ2「カエレ~」
♂アサ(…………なんだろう…………このどうしようもない哀しさは)
※フィクションです


♂BS「両手に花……の様に見えるだろう?」
プリナ「でも、実は違うのよねぇ;」
♀プリ「無駄口を叩いてないで、さっさと大聖堂からの借金を返済してください。長期滞納者は闇に……こほん……どうなるか解りませんよっ!」
プリナ「まぁ……スミスさんが生きるタメには、返済してもらうしかないのよねぇ;」
♂BS「ふ……返せるアテなんてないさ」
会話はとてもフィクションです(ぁ


♀アサクロ「お断りします」
ざんねん、ことわられてしまった(何をだ


スマイル「ウホ!良い漢!!!1」
あーのるど「断る!!!」
ナトナ(即答!!や、やりますわね;)
……部分的にフィクションです(ぇ


うりりん「ごしゅじんちゃま、見てくだしゃい!次は5回転くらいを目指すでしゅ!!」
プリナ「見ているこっちのほうが、気分悪くなるくらいの回りっぷりね;」


アーニャ「さて、良い感じにハーブも集まったし……えっとケミランキングは……よし、今日はこの人んとこに持ってってみよう」
姉(アルナ)やイトコ(聖水さん)だと安く買い叩かれる危険があるため、いつもランカーケミに売りに行っているそうな(ぁ
世知辛い話です(ォィ


♂BS「両手に花……の様に見えるだろう?」
プリナ「でも、実は違うのよねぇ;」
♀プリ「無駄口を叩いてないで、さっさと大聖堂からの借金を返済してください。長期滞納者は闇に……こほん……どうなるか解りませんよっ!」
プリナ「まぁ……スミスさんが生きるタメには、返済してもらうしかないのよねぇ;」
♂BS「ふ……返せるアテなんてないさ」
会話はとてもフィクションです(ぁ


♀アサクロ「お断りします」
ざんねん、ことわられてしまった(何をだ


スマイル「ウホ!良い漢!!!1」
あーのるど「断る!!!」
ナトナ(即答!!や、やりますわね;)
……部分的にフィクションです(ぇ


うりりん「ごしゅじんちゃま、見てくだしゃい!次は5回転くらいを目指すでしゅ!!」
プリナ「見ているこっちのほうが、気分悪くなるくらいの回りっぷりね;」


アーニャ「さて、良い感じにハーブも集まったし……えっとケミランキングは……よし、今日はこの人んとこに持ってってみよう」
姉(アルナ)やイトコ(聖水さん)だと安く買い叩かれる危険があるため、いつもランカーケミに売りに行っているそうな(ぁ
世知辛い話です(ォィ


スマイル「ちょおまwwwwwДБζ▽◆?⊇$%???⊥θёecstasyィィィィィィィィィ!!!!!!!11111wwwwwっうぇwwwww」
健康器具「電気椅子」
お申し込みは今すぐコチラまd(ry


プロ北四魔貴族
魔偽装長・ミッカマウェー
魔栗麻公・アレフィリゥェードゥ
魔墨酢侯・ヌヨペ
魔調印爵・ヒゥインドゥー

彼らの戦闘能力は絶大である(マテコラ


ロード様「おぉぅ!!今、ワシは風になっとるぜぇ!!最高じゃあ!!11」
漢もたまには無邪気に息抜き(ぁ


スマイル「待て!話せば解る!!話せば……」
剣士娘「ごめんね……恨みはないけど、私もコレが仕事だから」
※会話はフィクションだよ(ぁ


BS「では、これより高速ナブラの練習をするぞ」
クーニャ「それ、どこのロマサガ?」


兄貴「うぬぅあぁぁっっ!!!ペコペコが邪魔なんじゃいっ!!!!1せっかくのベストアングルなのに、ペコペコが邪魔でおパンツが拝めんのじゃいっ!!!11」
ナトナ「…………」
兄貴「ぬぅっ!こうなったら、せめてフトモモだけでも揉んd…ぐっはぁっ!!!1」
ナトナ「…………ふぅ…………オシオキですわ」


姉御「ウフフ……おねーさん、アナタのようなツンデレは大好きよぉ?」
アーニャ「寄るなっ!!寄るなっ!!寄るなっ!!!あっち行けっ!!」
姉御「恥ずかしがらなくてもいいじゃない……素直になりましょ?」
アーニャ「いや、もう充分素直っ!!お願いだから死んでくれっ!!!」


エロ君「もぐもぐ……セルーを噛み砕けるとは、拙者の歯意外に強いでゴザルな」

しまあじ氏ほどの御仁になれば、影武者の一人くらいは用意されているものです。
しかし、髪の毛の色が違うため、明るいところではすぐにばれてしまうのです(意味ねぇ


あるらうね「砂漠はぁ、熱くて乾燥しててぇ……きらいですぅ」
お姉さん「そうねぇ……でも、砂漠のサボテンは美味しいのよ」
あるらうね「ほぇ、そうなんですかぁ?それならぁ、ぜひぜひ食べてみたいですぅ」
お姉さん「でもね、気をつけないととげとげが刺さって痛いわよ」
あるらうね「うにぃ」
アネモ「なぁ、あるたんに姐さん……それな、共食いだって事に気づこうや;」
お姉さん「気にしたら負けよ」
アネモ「この姐さん、ええ根性しとるわ;」
JK(この暑さに加えて、このボケボケ会話……俺、脳みそ沸騰してきたよ)
※会話はきっとフィクションだと信じたい(ぁ


Lisaのイトコ「エロヒゲ発見、抹殺しまス」
ビィーッッ!!
大物エロヒゲ「うはぁ!wwおk」
Lisaのイトコ「抹殺完了……演劇鑑賞ヲ続行しまス」
大物エロヒゲ「さ、最高や……人生悔い……無し……ゴフッ!!」
※全部フィクションだよ(ぁ


あるらうね「亜種ちゃん、進化おめでとうですぅ」
アネモ「そんな、亜種ちゃんなんて他人行儀な呼び方やめてや。アネモって呼んでぇな」
あるらうね「ほぇ……亜種ちゃん、やっと名前もらえたんですねぇ。おめでとうですぅ」
アネモ「そういやウチ、いままで名無しやったなぁ……思い出したらちと泣けてきたわ」
あるらうね「あねもちゃんですかぁ……良い名前ですぅ」
アネモ「はは……なんか、ちょっと照れくさいわ」
たまにはほのぼのとね(ぁ


スマイル「私、実は9人目なんだ」
ターニャ長女「ちょ!ケミさんか!!ケミさんの技術かっ!!??」
スマイル「もうね……死ぬのに慣れましたよ……フフフ」
ターニャ長女「慣れちゃダメだっ!」


お姉さん「良い天気よねぇ」
あるらうね「そうですぅ♪」
お姉さん「光合成がはかどるわよねぇ」
あるらうね「でも、汁がいっぱいでますぅ;」
お姉さん「あるらうねちゃん……汗って言いましょうねぇ」
あるらうね「うにぃ;」
まさに植物(ぁ


アリスビーム
AliceBeam

アリスによるビーム攻撃
射程20(長っ
備考・某マーチャントを一撃必殺(ぁ


おじいさん「最近のゴブリン族は、えらくムチムチな体をしておるんじゃのぉ」
オシオキ「いゃ、ゴブリンリーダーの仮面つけてるけど、れっきとした人間ですよ?」
セイスイ「もう、おじいちゃんったら、ボケたフリしたってダメですよぉ?」
ジジイ「うほっ!わ、ワシが悪かった!!だから武器をしまうのじゃっ!!!!1」
※会話は多分フィクションでs(ry


タチアナ長女「あら?スマイルさん、新しい商売でも始めたのかしら?」
スマイル「プリナさんもどうです?このステキに黒光りする黒スマイル」
うりりん「気持ち悪いでしゅ!!」
会話は全てフィクションです(ぁ


亜種「そういや、あるたんってペットフード以外で、何か食べたりするん?」
あるらうね「虫さんとかが好きですねぇ」
亜種「ほうほう……ウチも虫は好きやねぇ」
あるらうね「でもぉ、最近虫さんとかぁ、食べさせてもらえないんですぅ」
亜種「そっちもかい……お互いつらいやねぇ」
あるらうね「うにぃ」
※会話は全てフィクs(ry


あるらうね「亜種ちゃん、さっきからため息ばっかついてますねぇ~」
亜種「いやね……ウチのご主人な、最近○田とつるんで変な仮面ばっかかぶっとってなぁ……一緒に歩くの恥ずかしゅうて;」
あるらうね「わかりますぅ……アルナちゃんもぉ、いつも目隠ししてるのでぇ、ひとりえすえむとか言われててぇ、ちょっと恥ずかしいですしぃ」
亜種「まぁ、お互いご主人の変な趣味に難儀しとるようやねぇ;」
※会話は全てフィクs(ry


たまにはこういう普通の画像。
目線が入っているのは、まぁお約束ということで(ぁ


ゴルァ「ハァハァ……も、もっとしばいてほしいズラ」
あるらうね「なんだかわかんないですけどぉ……しばいてほしいならしばくですぅ♪」
ゴルァ「おぉぅ!!し、辛抱たまらんズラ!!も、もっとしばいてほしいズラ!!」
あるらうね「ガンガンしばくですぅ♪」
ゴルァ「あぁん……あるらうね様ぁ」
あるらうね「うにぃ……なんかちょっときもいですぅ;」


あるらうね「私をあがめたてまつるですぅ」
信者「萌え~!萌え~!」
あるらうね「お布施はペットフードを希望するですぅ」
信者「ハァハァ」
※フィクションです(ォィ


たいへんだ、こんろんはまもののそうくつとかしてしまった(何

正式名称は『暗黒時空次元裏真地球暗黒超大帝国永世名誉超級皇帝陛下・須 舞琉』である(長っ

あるらうね「うにっ!!うにっ!!」
ターニャ次女「攻撃すんのにその掛け声はどうよ?」


あるらうね「アルナちゃん……エサがないよぅ;」

あるらうね「はむはむ……おいしいにゃぁ」

ターニャ長女「さて……鍋は昨日食べたから、今日は焼肉にしようか……ウサギ肉」

ターニャ長女「今夜のデザートは、ポリンで何か作ろうかな」

幼いドリアード
ろりろりですね(ォィコラ


タチアナ三女「早速だけど仕事をひとつ頼みたいんだけど」
ギルド員「ふむ……どんな内容だ?」
タチアナ三女「ボクの姉に頼まれた事なんだけど……この写真の『キエル』ってエロ野郎を抹殺してほしいんだよね。報酬はいくらでも出すよ」
ギルド員「カエレ(・∀・)」
※会話はすべてフィクションです。


タチアナ長女「……ゴフッ……そ……そう簡単には……いかなかったわ……ぐふっ!」

タチアナ長女「これが『伝説の桃』ね……よし、いまのうちに盗りまくっちゃおっと♪」

ロウソクファントム「そろそろ貸した金耳揃えて払ってもらおうかのぅ」
メー○ルファントム「払えん言うなら、す巻きにして銀○鉄道じゃけぇの」
スマイルキャップ「いっくらで売れるかな♪いっくらで売れるかな♪」
ターニャ次女(見て見ぬフリしとこ……ボクまだ死にたくないし)
ヘアバンド商人「ひぃっ!!ごめんなさい、来月には払いますからぁ!」
※会話は全てフィクションです(ぁ


キエル「私としては、女忍者のアレはいささか過剰だと思うのですよ。やはり、女騎士や女アルケミストくらいが丁度良い」
ターニャ三女「その様なことをわたくしに言われましても;」
キエル「女アサシンクロスやジプシーは、チラリズムを解らぬ下劣なる存在だとは思わないかね?絶対領域があるからこそ萌えがあることを解らぬ……絶対領域とふとともが織り成す美を理解できぬ輩は、死ねば良いと思うのだよ」
ターニャ三女「なんでしょう……あなたを抹殺したほうが、世のためになりそうな……そんな気がしてきましたわ」
※会話は全てフィクションです(ぁ


タチアナ次女「愛と勇気の究極合体!!!!…………はぁ……アホクサ」

ターニャ次女「ボクの手品の持ちネタ……その名も『晒し首カート!!』」

タチアナ長女「前世は忍者だったのよ」
※ウソです


ターニャ長女「あの頃は、気分で金髪に染めていたなぁ」

タチアナ長女「15歳の時に行った花見の写真ね。懐かしいわぁ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。